投資信託をするなら専用の口座が必要|証券会社をランキングで比較

プロの専門業者へ依頼

お金

ストックオプションとは

ストックオプションとは、勤務している企業の株式を購入できる権利となります。株式は予め価格が設定されています。役員や中堅社員が主な購入者となります。株価が上がることで企業側は利益を得ることができ、その利益を購入者にインセンティブとして還元する目的が主流となっています。以前は、日本企業がストックオプションを導入することはできなかったですが、平成9年に商法改正があり、一般の企業を含めストックオプションが導入できるようになりました。

商法の改正

ストックオプションを導入している企業は、専門業者に依頼をしてストックオプション評価を受ける必要があります。ストックオプション評価を受けることで公正価値を算出することができるからです。旧商法では必要なかったことですが、平成17年に改正がありました。ストックオプションの会計基準と、それに関する適用指針が発表されたことが影響しています。

業者へ依頼

ストックオプションは主に3つの種類に分けて整理されます。有償発行、無償での公正発行や有利発行などです。そのため、専門業者を見つける場合は、それぞれに対応したサービスがある業者選びが必要となってくるのです。いくつかの業者を検討するためにも、事前にホームページなどで情報を確認するようにしましょう。またストックオプション評価は、上昇企業か末上昇企業によって内容が異ってきます。この辺りも考慮して専門企業へ依頼すると良いでしょう。